【茨城県ニュース】茨城県つくば市は2027年度に陸上競技場をオープンさせる基本計画をとりまとめ、市内に待望の陸上競技場が完成する目処が立った。場所は旧・上郷高校跡地で、日本陸連の第4種公認を取得見込み。約7万平方メートルの敷地で、400mトラック8レーンに、観客席も設ける。建設費は約43億円で、維持管理費は8850万円(年間)で計画されている。早ければ来年解体工事、26年に建設工事がスタートする。
【茨城県ニュース】つくば市では、宅配便の再配達回数を削減することにより、温室効果ガス排出量の削減を図ることを目的として対象者へ「つくば市宅配ボックス設置事業補助金」を交付します(予算上限あり)。
【茨城県ニュース】つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京)は、TX守谷駅(茨城県守谷市)の商業施設「TXアベニュー守谷」を28日、改装オープンする。近年では、22年に守谷駅東口周辺に複合商業施設「ブランチ守谷」と公共スペース「ブランチパーク守谷」がオープン。市は「今後も駅周辺のにぎわい創出を図っていきたい」(都市計画課)と見据える。首都圏新都市鉄道によると、守谷駅の乗車人数は1日平均で約2万2千人(22年度)に上る。
【茨城県ニュース】つくばエクスプレスがもっと便利に!夕方の時間帯につくば発の列車が増える。またもう1つの変更点として、3月16日以降の快速列車が八潮駅に停車するようになるそうです。現在(2023年2月)、八潮駅には通勤快速および区間快速、普通列車のみが停車していたのですが、ダイヤ改正により快速列車も八潮駅にも停車するようになるそうです。
【茨城県ニュース】茨城県つくば市は1日、市内在住で通学の負担が大きい高校生を対象に、2024年度から最大3万円を支給すると発表した。市によると、鉄道やバスで通学し、定期代が年間10万円以上かかる場合は年間3万円を支給する。自転車や原付きバイクで遠距離通学する高校生には年間1万円を支援する。
【茨城県ニュース】令和5年11月2日に、国において、住民税非課税世帯への1世帯あたり7万円給付等の物価高騰対策が閣議決定されました。令和5年12月1日時点で牛久市に住民票があり、かつ世帯全員の令和5年度住民税均等割が非課税である世帯。
大手ハウスメーカー施工物件!【ハーベストコート】
【茨城県ニュース】入場無料!霞ヶ浦総合公園のイルミネーションが綺麗!霞ヶ浦総合公園は、茨城県土浦市の霞ヶ浦湖畔に位置する総合公園です。とても見ごたえのあるイルミネーションで、県内外から多くの人々が訪れるにも関わらず、駐車場や入場料が無料というのも嬉しいポイント!
ペット飼育可物件!!【クレールⅡ】
大手ハウスメーカー施工物件!【ボヌール・ラコンテ】